サイトマップ │ アクセスマップ
会社概要 事業案内 製品紹介 梅本商行の歴史 採用情報
 
  沿革
   
     
  1869年 (明治2年) 江戸時代から続く神鏡製造業から転換し、大阪市東区本町4丁目で地金問屋を創業。
     
  1872年 (明治5年) わが国で初めて洋釘をフランスから輸入、国内に拡販する。
     
  1897年 (明治30年) 安田財閥が国産釘の製造を開始し、有力な代理店となる。
以来今日に至るまで、同社(現安田工業株式会社)との密接な取引関係を続ける。
     
  1915年 (大正4年) 鋼材、線材、亜鉛鉄板などの輸入をいっそう促進し、業容拡大に努める。
     
  1921年 (大正10年) 株式会社梅本商店を設立(資本金40万円)
     
  1923年 (大正12年) 海運などの便宜上、現在地(西区北堀江)に本社を移転。
     
  1932年 (昭和7年) 摂津鉄線株式会社に経営参加、線材製品の製造に進出。
     
  1936年 (昭和11年) 組織を合名会社に変更、社名を梅本商行と改称。
     
  1946年 (昭和21年) 戦災による焦土復興のため、いち早く復興資材指定商の指名をうけ、
その円滑な供給に最大の努力をつくす。
     
  1951年 (昭和26年) 組織を株式会社に変更し、現社名となる。
     
  1958年 (昭和33年) 北九州営業所を開設。
     
  1961年 (昭和36年) 資本金を3,000万円に増資
     
  1965年 (昭和40年) 神戸営業所を開設。
摂津鉄線株式会社の経営権を安宅産業に譲渡。
     
  1969年 (昭和44年) 創業100年を迎える。
     
  1977年 (昭和52年) 厚木営業所を開設。
     
  1978年 (昭和53年) 大阪商工会議所開設100周年記念行事にあたり、
創業100年以上の会員企業として、顕彰を受ける。
     
  1989年 (平成元年) 創業120周年を迎え、記念式典を執り行う。
同時に栄光の歴史を後世に継ぐため、社史「釘とともに歩んだ120年」を編纂。
     
  1994年 (平成6年) 北九州営業所 赤坂倉庫完成。
     
  1998年 (平成10年) 大阪営業所 中島倉庫完成。
     
  2005年 (平成17年) 北九州営業所 事務所完成。
     
  2006年 (平成18年) 北九州営業所 倉庫完成。
     
  2014年 (平成26年) 創業145周年を迎え、記念式典を執り行う。
     
     

▲ページトップ
 
>> サイトポリシー >> プライバシーポリシー (c)umemoto - shoko co.,ltd all rights reserved